×

歴史・文化財 資料アーカイブ

宇都宮の民俗芸能

飯山の獅子舞

 飯山の獅子舞は、宇都宮市北部、飯山町の阿蘇神社で毎年8月15日に行われている獅子舞です。関白流獅子舞の一つで、言い伝えによれば延喜年間(901~922年)に藤原利仁〔ふじわらのとしひと〕が蔵宗〔くらむね〕・蔵安〔くらやす〕を平定した後、飯山の地で病にかかり永眠しました。利仁の死を悲しんだ飯山の人々が、利仁の守り神の三尊神獅〔さんそんしんし〕 の頭を奉納するとともに、毎年獅子舞を阿蘇神社に奉納したのが始まりといわれています。
 太夫〔たゆう〕 獅子、雄獅子、雌獅子の3匹で舞う一人立ち三匹獅子舞で、当日は公民館から隊列を組んで阿蘇神社の境内に向かい、そこで「神楽舞」、「弓くぐりの舞」などを行います。かつては8月17日と18日にも風祭、天王祭として村内を獅子が歩いたといわれ、その際、世話人の家や村の道辻などで、疫病を防ぐための獅子舞が行われました。
 また、近年は篠井地区の文化祭にも出演しており、今年も11月3日に篠井地区市民センターで公演を行う予定です。

(飯山の獅子舞保存会会長 福田定夫) ▽問合せ 文化課(632)2768