×

歴史・文化財 資料アーカイブ

宇都宮の伝統工芸・伝統食

伝統食「しもつかれ」

 栃木県を代表する郷土料理である「しもつかれ」は、近年では一年中店頭で販売されていたり、学校給食で出されたりしていますが、もともとは旧暦二月初午に作り、わらで作った入れ物(ワラツト・ツトッコ)に入れ、お稲荷様に赤飯とともに供え、商売繁盛・五穀豊穣を祈ったものです。
 鬼おろしといわれる、竹でできた目のあらいおろし器で大根をおろし、節分の残りの大豆、塩引きサケの頭、ニンジン・酒かす・油揚げなどとともに大きな鍋で煮ます。材料はみな残り物であるところが特徴です。
 旧暦二月初午は、現在の三月中旬頃です。その頃は保存しておいた農作物も少なくなります。そこで人々は残り物を用いてしもつかれを作ったのです。
 しもつかれは、たいへん栄養に富んだ食べ物でもあり、昔の人は、橋を渡らずに7軒の家のものを食べると、病気にかからず長生きするといいました。

宇都宮伝統文化連絡協議会 吉野ひろみ  (問)文化課(632)2766