×

文化財を知りたい

文化財検索結果

資料名称

根古谷台遺跡
( ネゴヤダイイセキ )

本遺跡は、縄文時代前期の大規模な集落跡で、広場の中心に墓域があり、周辺に特殊な建物群を配置し、頻繁に建て替えている。また遺物全体には遺物の種類と量が少なく、竪穴住居跡の多くからはクルミ・クリなどの堅果類が出土するという特色をもち、日常の生活の場ではなかったことを示している。縄文時代の社会構造・精神生活を探る上できわめて重要な遺跡である。なお、現在は「うつのみや遺跡の広場」として整備され、資料館や4棟の復元建物が置かれている。

昭和63年5月17日 国指定
所在地/栃木県宇都宮市上欠町字根古谷台

作者名 不詳
時代・年代 縄文時代前期
形式・資料形態 記念物(史跡)
点数 1
法量 -
材質 大型建物跡・竪穴住居跡・墓壙(ぼこう)