×

歴史・文化財 資料アーカイブ

宇都宮の伝統工芸・伝統食

伝統工芸「ふくべ細工」

 ふくべとは、夕顔の実のことです。夕顔の実の果肉を、細長くむいて乾燥させたものが、栃木県の特産品のかんぴょうです。ふくべ細工は、大きく成熟したふくべの果肉を取り除き、外皮を乾燥させたものを材料としてつくられます。
 ふくべの形を活かして、墨入れや花器、小物入れなどに加工され、利用されるほか、表面に色鮮やかに絵付けされた人形や、伝説の百目鬼(どうめき)をもとにした魔除けの面などが土産品として有名です。

宇都宮伝統文化連絡協議会 理事 小川 昌信  (問)文化課(632)2766